これまでの活動はこちらもご覧ください。(Click!)

【報告】2023年12月_会山行(筑波山)

2023年12月10日(日)参加者9名。

つくば駅から関東バスで筑波山神社前で下車。本殿からケーブルカー駅の道を進み「御幸ヶ原コース」の登山道を行く。「関東ふれあいの道」として整備されて歩きやすいが、なかなかの急登。小さな水湯の男女川水源を通り樹林に囲まれた急坂を登りきると、明るく広々とした御幸ヶ原に到着。ここは男体山と女体山の双耳峰の鞍部でケーブルカーの山頂駅でもある。天望レストラン横のロープで囲まれた「バーナーコーナー」でゆっくり昼食をとった後、階段と岩場を登り男体山へ。展望を楽しんで、御幸ヶ原に戻り女体山へ。北斗岩、出船入船、国割の石、陰陽石、母の胎内くぐり、高天原、弁慶の七戻りなどと命名された奇岩、怪石を見ながらゆっくりと下山し筑波山神社前に着いた。(寺島)

コメント